一覧へ戻る

サインと看板の違いとは?サインの効果的な使い方とデザイン例を紹介!

街中でよく見かける看板。その看板にはさまざまな種類があり、その中でも「サイン」は掲示目的に合わせて使い分けることがあります。しかし多くの方は看板とサインの微妙な違いを知らない方が多く「どのように使い分けたらよいかわからない・・・」と感じる方も多いでしょう。そこで本日は「看板とサイン」の違いについて解説し、さまざまな種類のサインについてお教えいたします。サイン制作の検討をしている方や、看板デザインにご興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

「サイン」と「看板」の違いとは

プレート看板

よく耳にする「サイン」と「看板」は、どちらも広告として使用される媒体です。文字や写真などの情報を街中に掲示し、その情報を掲示しています。「広告目的」という意味ではどちらも同じですが、サインと看板では連想する「形状」が少し異なります。

  • 看板:盤面があり独立しているもの(箱型看板や置き式看板など)
  • サイン:盤面があるタイプはもちろんのこと、「切り文字」タイプも含まれる

看板の場合、文字を設置する背面があり、文字と背面がセットとなっているタイプを連想するでしょう。そのため、屋外に設置するような箱型看板やメニューなどを掲示する置き式看板などは、「看板」と呼ぶことが多いです。その一方で、「切り文字」のように文字と背面がそれぞれ独立しているタイプは「サイン」と呼ぶことが多く、同じ店名を表した物でも「看板」と「サイン」では連想する形が異なるのです。
また看板の場合、商品や社名などをPR目的が多いですが、サインの場合はトイレなどの道案内のピクトグラムや矢印なども掲示でも使用されています。広義では同じ意味ですが、その実態はこのようなニュアンスの違いがあるのです。

世の中にはたくさんのサインがある!さまざまな種類を紹介

先ほどは「サイン」と「看板」の違いについて解説しましたが、以下では「サイン看板」の種類について掘り下げて解説します。サイン看板には下記のような違いがあります。

切り文字サイン

まず一つ目は「切り文字サイン」です。カッティングシートはステンレスなどの金属素材を使った切り文字は、スタイリッシュなデザインになるため幅広く使用されています。またピクトグラムサインとの相性もよく、多くの商業施設ではトイレやレジなどの案内サインなどにも使われています。

プレートサイン

次に二つ目は「プレートサイン」です。プレートサインの場合、金属板をレーザー加工で抜き取り、クールな印象を与えます。切り文字サインよりも存在感が出るため、わかりやすいサインを制作したい場合にオススメのタイプです。

置き式サイン

置き式看板の中でも、店舗までの道案内看板は「サイン」と呼ばれています。この例のようにアクリル板の上からカッティングシートを施工すれば、手軽に看板を手に入れられます。できるだけお金をかけずにサインが欲しい方には最適でしょう。

サイン看板はどうやって手に入れる?入手方法を紹介

ネオン看板

上記でご紹介した通り、サイン看板にはさまざまな種類があります。しかしどの種類も以下の方法で入手可能です。以下ではサイン看板の入手方法について解説します。

  • プロに制作・設置を依頼する
  • 自分で制作・設置を行う
  • プロに制作依頼をし、設置は自分で行う

まず一つ目は「プロに制作・設置を依頼する」方法です。レーザーカットのプレートサインなど特殊な加工機械が必要な場合はプロに制作をお願いしましょう。また大型サインや屋外サインの場合も入念に施工方法を検討しなければいけないため、プロに依頼をしたほうが無難です。その分費用はかかりますが、手間をかけずにサイン看板を手に入れられるため、忙しい方には最適でしょう。

次に二つ目は「自分で制作・設置を行う」方法です。置き式サインなど少ない材料で制作できる看板の場合、ご自身で制作した方が費用をかけずに手に入れられます。DIYがお好きな方やとことんデザインにこだわりたい方にはオススメの方法です。時間はかかってしまいますが、コストを抑えながらサイン看板を手に入れられます。

そして三つ目は「プロに制作依頼をし、設置は自分で行う」方法です。これは上記二つの折衷案であり、手間と費用をかけずに制作したい方には最適でしょう。サイン制作をプロに依頼することで、クオリティの高いものが手に入れられます。またカッティングシートなどのサインであれば、DIY初心者でも簡単に施工できるため、費用が抑えられるでしょう。予算やサインデザインを検討して、最適の方法を選択してみてください。

オシャレなサイン看板の参考例5選

サイン看板は街中に溢れているものの、オシャレなデザインとなると「あまり思い浮かばない・・・」という方多いのではないでしょうか。そこで以下ではオシャレなサイン看板を5つご紹介いたします。アイデアの参考になること間違いなしです!

素材の質が目立つ!シンプルなプレートサイン

店舗入り口をわかりやすくさせる!目を引く置き式サイン

スマートに道案内する!オシャレなピクトサイン

かわいいデザインで目を引く!クマのプレートサイン

平滑な面ならどこでも施工可能!カッティングシートのピクトサイン

サイン看板にもさまざまな種類があり、好きなデザインや使用目的によってタイプが選べます。ぜひ街中に溢れている看板を参考に、デザイン案を考えてみましょう。

カッティングサインならクワックワークスにおまかせ

クワックワークスでは、お客様の考えたデザインのカッティングステッカーを制作している会社です。カッティングシートは屋内外ともに使用できる丈夫なカラーシートで、多くのサイン看板に使用されている素材です。クワックワークスでは、さまざまなサイン看板の実績がございますので、カッティングシートを使った店名サインやピクトグラムのステッカーを制作したい場合は、ぜひ弊社までご相談ください。なお弊社の制作実績は、こちらよりご覧いただけます。

制作実績 – “看板”の検索結果

まとめ

サインは屋外・屋内どちらでも使われている看板で、多くの方は毎日目にする宣伝媒体です。サインの特徴を知り、ご自身の考えるデザインに落とし込むことによって、より宣伝効果の高い看板が仕上がるでしょう。その中でもカッティングシートを使ったサインは、誰でも簡単に施工できるため、手軽に取り入れられるサインの一つです。カッティングサインの制作でお困りの際は、ぜひクワックワークスまでご連絡ください。ハイクオリティのサイン看板を一緒に制作しましょう。

装飾用シートの代表的製品である「カッティングシート®」は中川ケミカルが商標登録していますが、今では一般的名称として浸透しています。
中川ケミカル社の公式サイトより引用

---
上記の解説から、この記事ではカッティングシート ≒ カッティングシートや一般的な装飾シート(リメイクシートなど含む)として解釈し執筆しています。

一覧へ戻る

プレート看板
みんなにも教えてあげよう
カッティングシートの事でなにかお困りでしょうか? 何かお困りでしょうか?